So-net無料ブログ作成
検索選択

老眼は手術治療をせずに回復させたい

"一度、老眼を意識すると、若かった頃の健全な視力にまで回復させるには根気が要りますが、老眼の原因は目の筋肉が固まってしまったことなので、こまめに根気よく目の筋肉の柔軟体操を続ける事が大切なのです。

老眼になると老眼鏡をかけた方が仕事上手っ取り早いので、どうしても老眼鏡をかける時間が長くなってしまいます。すると目の筋肉がその状態に慣れてしまい、老眼鏡をかけた時によく見える状態になってしまうのです。

だから老眼鏡をはずすと途端に視界がぼやけて見えなくなってしまいますが、心配して眼科医の先生に相談すると、メガネなしで視力試験を行われ、見えていることを強調してくれるのがよくわかります。つまり、自分は老眼だという意識をもたないことも大切なのです。

老眼の治療としてはレーシック治療も話題になっていますが、この手術を受けると目に激しい衝撃を与える可能性のあるスポーツは出来なくなります。レーザーで矯正した角膜の位置が動いてしますからです。老眼鏡で間にあっている間はなるべく避けたい治療法です。

と思っていたのですが、もう少し調べると、スポーツ選手の多くがレーシックを行なっており、問題ないのかなと思います。詳しく調べたい方はこちらで

老眼でもレーシックはできるのか

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。